トップ / 学校で始まる裁判について

学校裁判と教員の保険

学校で始まる裁判について

学校における裁判への対応

皆さんこんばんは。早速タイトルの件について考察していきます。テレビなどの報道でも度々取り上げられいますが、裁判で学校が訴えられてしまうケースが現実に起こりえているのが実情です。その中でも多いのがいじめ絡みではないでしょうか。もちろんいじめ自体が良くないことだというのは誰もが認めるところです。しかし、現実に様々なところでいじめが発生しており、そのことが一因として亡くなってしまうことや後遺症を負う事案が出ています。そのようなときに必ず学校の責任問題が取り上げられています。現実的に百パーセント防ぐのは難しいのかも知れませんが、後の対応含め組織が適切な対応を取ることで防ぐことが出来るのではないでしょうか。そのためにも地域を含めて、子どもがより良い生活出来るような環境をみんなで作り上げたいものです。

先生が加入している裁判費用保険

最近は学校の先生が裁判に巻き込まれる事案が珍しくなくなってきています。先生がいじめを放置したとされ、そのいじめの対象となった生徒や保護者から慰謝料を求められたケース、授業中の不注意によって生徒に怪我をさせてしまい治療費分の負担を求められ訴えられたケースなどがあります。先生は公務員(私立を除く)ですので損害賠償は基本的には任命権者である地方自治体が支払うことになりますが、弁護士費用などが発生しますので、実は公立学校の先生方のほとんどが費用の保証を受けられる保険に加入しています。正規雇用の先生方が自動的加入することになっている教職員共済には、裁判弁護士費用特約が設けられていますので、万が一生徒や保護者に訴えられても安心というわけです。

↑PAGE TOP